援交募集が簡単に出来るサイトやサポしたがる女性たち

女性も男性も満たされる援交

援交というと「女子高生」とイメージされるくらい、たくさんの女子高生が援交を行なっているようです。

しかしひと昔以上前に援交が流行った時と比較すると、女子高生が行なう割合は減って今ではフリーターや派遣社員、さらにはOLや主婦などが行なっているケースも少なくありません。

つまり、女性であれば誰でも援交をしているというわけです。

この背景には、やはり経済的な不安があるのでしょう。

援交はやっていることは売春と同じで呼び名を変えただけで、つまりは女性が自分の身体を売ってお金を得ているわけです。

援交の金額の相場は3万円前後といわれていますから、1日に10万円を稼ぐことも不可能ではありません。

女子高生にすればコンビニなどでアルバイトをしているよりもはるかにたくさんの金額を手っ取り早く稼ぐことができます。

OLやフリーター、派遣社員にしても同じことです。

こんなに多くのお金を稼ぐことのできる仕事など他にはあり得ませんよね。

だから、自分の身体を売ってお金にすることに抵抗がなければ援交は非常に「儲かる」仕事といえるでしょう。

最近は見ず知らずの男性とすぐにセックスをする女性も少なくありませんから、タダでヤルよりもお金を貰ったほうがラッキーといった感覚の女性も少なくないのではないでしょうか。

援交で男性とセックスをしてお金を貰う行為は、物を盗んだりお金を脅し取ったりすることよりもはるかに問題がないと認識している女性もいるようです。

また「自分の身体なんだからどう使おうと自分の勝手でしょ」といった考えから援交をしている場合もあります。

主婦の場合は趣味と実益を兼ねてといったケースも目立ちます。

つまり、セックスを楽しんでそのうえお金まで貰えるというわけです。

男性にしても、普段相手をすることのできない女子高生やOL、主婦などとセックスができるのですから、高いお金を支払っても満足でしょう。

援交はもちろん違法ですが、男性も女性もそれぞれが満たされる行為なのです。

逆援交をする女性ってどんな人なの?

援交とは逆に女性が男性を援助する「逆援交」が男性の間で話題になっており、自分もぜひやってみたいと思ってる男性も少なくないのではないでしょうか。

しかし実際に行なう前に、逆援交に関する知識を持っておくことをおすすめします。

そのひとつが「逆援交をするのはどんな女性なのか」ということです。

まず挙げられるのが「金銭的に余裕のある女性」という点です。

男性にそれなりの金額を提供するのですから経済的に余裕がなければ無理なので当然のことですよね。

それならセレブ女性がターゲットと思われがちですが、そういった女性は確かに報酬もかなりいいのですが求める男性の条件もそれなりに厳しいのです。

したがって普通の男性にとっては難易度が高いといえるかもしれません。

そこで狙い目なのが夫の稼ぎがよい主婦、そのうえでパートなどの自分の稼ぎを持っていればなおいいでしょう。

家計は夫の稼ぎで十分確保されており、自分がパートで稼いだ分はある程度自由になるという状況が作られるからです。

また、自分がある程度稼いでいながら妻にパートに出る許可を与える男性は妻を信頼している、または自由に行動させてくれるからです。

こういった女性は生活に「刺激」を求めていることも多く、それを逆援交をすることで満たそうとするケースも少なくありません。

援交の相場金額はいくら?

援交の金額の相場は、一応3万円程度とされています。

しかしこの数字ははっきりしておらず、確証はありません。

というのも援交に掛かる料金設定などがあるわけもなく、またブログでも公然と「援交をしたら○○円支払った」「援交で今日は○○円儲かっちゃった」などと書き込みはできませんよね。

したがって、これくらいは必要だろうという推定金額であると認識しておくべきでしょう。

繁華街を歩いているとしばしば「援交が○○円ポッキリでOK」などという客引きを見掛けることもあります。

今や客引き自体が違法な行為とされていますが、そもそも援交で客引きなどあり得ませんから、こういった類に引っかかってしまうとあとで泣きを見ることになるので要注意です。

援交で支払う金額はあくまでも相手の女の子との交渉になります。

だから思ったよりも安い場合もあれば、逆に高い過ぎると思うこともあるかもしれません。

また女の子の見た目やスタイルなどで高い、安いが変動するケースもあるでしょう。

好みのタイプの相手なら、少々高くても構わないという人もいるかもしれませんね。

さらに、金額にホテル代が含まれているかどうかで最終的な支払い金額も変わってくるので、交渉の時点で確認しておくことをおすすめします。

いずれにせよ援交に掛かる費用は安くはありませんから、十分に納得したうえで遊ぶようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする