援交でセックスする時の注意点!守らなければいけない暗黙のルールは?

男性と女性が交渉して条件が合意したらセックスをする援交。最近では援交でセックスをする人が増えてきていて性欲解消の方法の一つでもあります。

しかし暗黙のルールがいくつかあるので援交をする前にしっかり確認しておきましょう。

1対1で会う

初めて援交をする時は不安なので友人にも来てもらって様子を伺う人もいます。

しかし基本的に1対1で会うのが暗黙のルールになっているので友人を連れて行ってはいけません。

そこでどのような場所で待ち合せればいいのか紹介していきましょう。

駅前

援交で会う時はラブホテルの周辺で待ち合せるのが基本です。

ラブホテルが多いのは駅前になるので援交の待ち合わせ場所の定番ともなっています。

交渉する時に待ち合わせを駅前にしておけばすぐに話がまとまります。

ファーストフード店

駅前にはファーストフード店がたくさんあります。

援交で会う時に細かい部分で交渉する必要がある時はファーストフード店で待ち合せる事もあります。

ファーストフード店なら不自然さもないので援交の待ち合わせで使っている人も多いです。

ラブホテルでセックスをする

セフレを作った時は自宅に連れ込んでセックスをする事もあるでしょう。

しかし援交でセックスをする時は基本的にラブホテルでするのが暗黙のルールになっています。

自宅に連れ込もうとすると女性が拒否してそのまま帰ってしまう事も多いです。

援交をする時はラブホテルでセックスをするようにしましょう。

プライベートは干渉してはいけない

セフレとセックスする時は世間話などもして楽しむ事があるでしょう。

しかし援交の場合はセックスする以外の事はしないのが暗黙のルールになっています。

プライベートは干渉してはいけないので覚えておきましょう。

2時間を目安に楽しもう(まとめ)

セフレと楽しむ時は時間無制限ですが、援交の場合は女性の都合を考えなければいけません。

暗黙のルールを守る事はもちろんですが、短時間で楽しむようにしなければいけません。

基本的には2時間が目安となっているので頭に入れながら楽しみましょう。